ダイエットの悩み

ダイエットの悩み

最近、ダイエットや美容目的でご来店されるお客様が増えてきました。

ダイエットや美容に効果がある薬はないか?またはダイエットサプリはないか?

食事制限や無理な運動などハードはダイエットではなく、今までの日常生活をしながら、生活習慣を改善していく方法はないのか?

当店では、漢方薬を用いて、無理なくダイエットすることをオススメしています。

目的や体質にあった漢方薬を使用していますか?

漢方薬

ダイエット目的で、漢方薬を使用される方が増えていますが、間違った服用の仕方、体質にあっていない漢方薬を選ばれる方が非常に多いと感じています。

この体質の人がなぜこの漢方薬を使っているの!?』と思うことがしばしばあります。適切でない使用が、実際に下痢やのぼせ、頭痛などの予想外の副作用を引き起こしています。

正しく使えていないために起こる、『効かない』、『副作用が出た』とならない為にも、体質と薬のポイントをしっかり押さえて服用しましょう。

なぜ漢方がダイエットに注目されているの?

なぜ漢方がダイエットに注目されているの?

安全性と効果のバランスが良いためだと考えられます。

漢方薬は、化学的な新しいものとは異なり、歴史がありますので、もしもの副作用もある程度わかっていますので対策が取りやすいのです。新たに発見された物質や、合成された化合物は、まだまだ経験値が浅く、安全性に多少の疑問を持ちながら使用されているのが現状です。

日本の漢方薬にも、昔は危険な成分がありましたが、かなり淘汰されてきましたので、安全なもののみ、現在に使用されています。

本当に漢方で痩せるの?

漢方薬

脂肪過多、便秘、浮腫、無汗症、尿量が少ない、ストレスによる過食など・・・の症状は、医師からまだ薬が出されていない場合、漢方薬は有効だと思われます。
いわゆる未病の段階の肥満だからです。

一方、薬による副作用における肥満(ステロイドによる食欲増進、中心性肥満など)、重大な基礎疾患による肥満(甲状腺機能異常などの内分泌性の疾患など)は、医師の観察の元、ダイエットを行う方が安全だと考えられます。

漢方薬が選ばれる理由

水分代謝が向上する

水分代謝の悪化で体重が増加している場合、漢方薬の成分が有効です。漢方薬が胃や腎臓の水分代謝を改善し、余分な浮腫みを小水などにしてくれます。

場合によっては血流改善の漢方薬も併用することで効果が増します。

便通が改善される

定期的な排便習慣がなく、数日間便通もなく、身体に老廃物をため込む体質の方が、定期的に排泄できるようになるとダイエットに繋がります。

直接、腸を刺激する漢方薬は、痛みや依存の心配があるので、漢方を初めて使う方は用いないか、若しくはごく少量から始めるのが良いです。

腸を刺激する漢方薬よりも、交感神経をリラックスさせる漢方薬で排便を促すことがしばしばあります。

リラックス効果が過食を防ぐ

女性は生理の前の高温期に数日間ほどイライラしたり、憂鬱になったり、また頭痛やだるさ訴えることがあります。この時期に過食をしてしますことが多くあります。

女性ホルモンのバランスを是正してくれるタイプの漢方薬を用います。

解毒や代謝を改善する

発汗作用のある成分は肌における代謝を促し、汗をかかせ、解毒を補助してくれます。

汗を普段からかきにくい方、肌の健康も気になる方のダイエットにこれらの成分が用いられます。

こんな症状にオススメ

ダイエットの他に、漢方を使った症状や病気に対して、下記のような症例にオススメです。

生活習慣病

生活習慣病とは、生活習慣が原因で発症する疾患のことです。偏った食事、運動不足、喫煙、過度の飲酒、過度のストレスなど、好ましくない習慣や環境が積み重なると発症のリスクが高まります。

生活習慣病には、高血圧、脂質異常症、糖尿病などがあります。
これらの症状は、自覚症状がほとんどないため、気づかないうちに進行し、脳や心臓、血管などにダメージを与えていきます。

その結果、突然、狭心症や心筋梗塞、脳卒中など、命に関わる恐ろしい疾患を引き起こすことがあります。

便秘の改善

「何日も便が出ない」、「お腹が張る」、「お腹が痛い」、「便が硬く、出すときに強くいきむ」など、排便に苦痛や不快感がともなう場合は「便秘」の状態かもしれません。

便秘の原因には色々な理由がありますが、大腸がんなどの病気が原因で腸の構造に異常が起こり、便が通れなくなることで生じる事があります。また、糖尿病やパーキンソン病など、内科的な病気の影響で生じる便秘もあります。更には、服用したお薬の影響で生じる便秘の場合もあります。

ただ、一番一般的な便秘としては、偏った食事や運動不足といった生活習慣の乱れや、ストレスなどにより、腸の働きが低下することで生じる事が多いです。

消化酵素と代謝酵素

酵素は私たち人間の体内で生成され、この体内で生成される酵素の事を“潜在酵素”と呼び、潜在酵素は“消化酵素”と“代謝酵素”に分かれます。

消化酵素は、食べた物を消化(分解)する酵素で、一口に消化酵素といっても多くの種類があり、それぞれの消化酵素はそれぞれ1つの仕事しかしません。決して胃や腸などの消化器官自体が消化をしているわけではありません。

代謝酵素は、私たち人間が呼吸をしたり、物事を考えたり、身体を動かすなど、すべての生命活動を司る酵素で、「脳・心臓・消化器官・肺・血液」など、人間のすべての器官、組織にそれぞれ独自の働きをする代謝酵素が存在しています。

体内で生成される潜在酵素はそれぞれの器官でそれぞれの働きをしますが、代謝酵素よりも消化酵素を優先するという性質があるため、消化酵素を大量に消費し、消化酵素が足りなくなると代謝酵素から消化酵素に回されるので、今度は代謝酵素が不足してしまいます。

おすすめ商品のご紹介

レオピン
レオピン

濃縮熟成ニンニク抽出液(AGE)とニンジンエキスなど6種類の生薬を配合した医薬品。血流の流れを良くして血色不良や冷え性を改善します。虚弱体質や肉体疲労時などにも優れた効果を現す滋養強壮剤です。

サメミロン
サメミロン

ひと粒に99%以上という高純度の活性スクアレンが250mgも含まれています。「酸素の運び屋」と呼ばれるスクアレンは全身に栄養を運んでくれます。健康に自信のない方にぜひ一度試して欲しい商品です。

たんぽぽ茶 ショウキT-1
たんぽぽ茶-ショウキT-1

タンポポから僅かしか取れない貴重な特殊成分T-1を使用したたんぽぽ茶。新陳代謝が上がり、むくみや冷えが改善されたり、尿の出がよくなり、妊娠しやすい体作りを助けてくれたりします。